Chiudi

RGFE

トマトソースのスパイシーチキン・ルーラード

main courses
時間 1時間10分 レベル 簡単 分量 4
  • 鶏の胸肉 500 g
  • トマトパッサータ(トマトピューレ)500 g
  • 細かく刻んだパセリ大さじ2
  • ニンニク1片
  • すりおろしたペコリーノチーズ60 g
  • すりおろしたパルメザンチーズ60 g
  • エキストラバージンオリーブオイル10 g
  • ハーブ(ローズマリー、ミント、月桂樹の葉、セージ)
  • 辛口白ワイン200 ml
  • 細かく刻んだ新鮮な赤唐辛子1個
  • 塩と黒コショウ
  1. 鶏胸肉を削ぎ切りにし、薄い切り身に分けていく。必要であれば端も切り落とし形を整える。
  2. カットした薄い切り身を作業台の上に並べて置き、それぞれにパセリを少量のせる。切り身を覆うようにニンニク、ペコリーノ、パルメザンの順にのせていき、最後に塩と黒コショウで味付けを。
  3. 切り身の片方から内側へと巻いていき、端をつまようじで固定する。
  4. エキストラバージンオイルを鍋に入れ、少し温めたら鍋に残りのパセリ、ミント、月桂樹の葉、ローズマリー、セージを加え中火で炒める。
  5. 香りが立ってきたところで、巻いた切り身をすばやく投入し、焼き色をつけていく。いい感じの焼き色がついたところで白ワインを注ぎ、ワインが減るまで煮込む。ときどき、肉をひっくり返して全体的にまんべんなく味を染み込ませる。
  6. 仕上げにトマトパッサータを加え、唐辛子を振りかけ、塩で味を整える。ふたをして、弱火で20分間弱煮こんで完成。皿に盛り付けたら、刻んだバジルを振りかける。